信用取引って初心者でもできる?!

そもそも信用取引の特徴って?


信用取引(英語での呼び方にならってマージンということもあります)とは、取引のために必要な資金を証券会社から借りて株の売買を行う方法のことをいいます。これに対して手持ちの資金を使って株式を売買する場合これを現物取引といいます。
信用取引では、手持ちの現金以上の額を使って投資を行うことができます。
また、信用取引の特徴として「空売り」ができることがあります。これは最初に証券会社から株を借りて売ってから、後で株を買って証券会社に返すという方法です。具体的には「これからこの株は値下がりする」と予測しているときにこれを行えば、例えば100万円で売ってから80万円で買うことで20万円の利益を出すことができるのです。

信用取引の注意点って?


信用取引のメリットとデメリットを挙げていきます。
「手持ちの資金以上の取引が行える」これはメリットでもあり、同時に表裏一体のデメリットでもあります。100万円持っていて300万円の取引をした場合、利益も損失も3倍になりますよね。つまり、信用取引というのはハイリスクハイリターンなのです。必ずしも取引できる全額分の取引をするのではなく、最初のうちは少額から始めるのがいいかもしれませんね。
また、空売りの場合、投資家に証券会社が株を貸すとはお話ししましたが空売りをしたい人が増えすぎると証券会社は貸す株が不足してしまいます。その場合証券会社が別のところから株を借りるのですが、借りると当然利息がつくので投資家がそれを負担することになります。これを逆日歩(ぎゃくひぶ)といい、空売りをする場合には押さえておくべきところになります。