信用取引にしかない魅力はこれ!

三倍までレバレッジをかけられるのが魅力


信用取引では、三倍までのレバレッジをかけることができます。つまり、少額の資金しかなくても、大きな利益を得ることができる可能性があるのです。もちろん、損をするときにも最大で三倍損をすることになるのですが、タイミングを見極めて使うには大変効果的です。世界的な不況だとニュースが流れているときにレバレッジをかけて株を購入しておけば、利益も通常の三倍になります。これは、少額で取引をするしかない人には朗報だと言えるでしょう。
信用口座を作らない場合は、最大で二倍までですし、レバレッジ商品の種類も数種類しかないので、選択肢が限られてくるのです。その点信用取引なら、銘柄を問わずに三倍までの取引ができます。リスクを承知の上で使うなら便利な手段です。

完全に手数料から解放されるケースもある


証券会社にもよるのですが、信用口座での取引には手数料がかからなくなるところもあります。つまり、信用取引なら完全に手数料の呪縛から逃れられるというわけです。デイトレードをするときには、手数料が非常に邪魔になるものです。少額の取引を一日に何度も行っていると、手数料だけでも相当な出費になります。これをゼロにできると、利益はダイレクトに増やせます。
リスクを減らせるわけですから、これは使わない手はありません。ただ、信用口座は作れる人が限られているのが少しネックです。その名の通りに信用がないと口座開設維持ができませんから、初心者にはあまり関係のない話になります。初心者は経験を積んでから、信用取引にチャレンジすべきでしょう。

信用取引の金利は、高利率が設定されることがありますが、投資のジャンルによっては短期間でまとまった収益を得ることも可能です。