信用取引の流れを解説!

気になる!信用取引って何?


信用取引は、証券会社から信用してもらうことによって本来持っている現金以上の取引をすることができる方法になります。信用取引を利用することで現金が最大3倍の額に評価されるようになります。信用取引を利用することで、売買の可能性を広げることができるのでチャンスをつかみやすくなります。
しかし、信用取引の余力がなくなるまでボジションを取ってしまわないように注意が必要です。もしぎりぎりまでボジションを取ってしまって、維持率が下がってしまうと追証が発生してしまう恐れがあるからです。追証が発生すると、追加入金しなければ口座を凍結されてしまって新規の売買はおろか、出金さえもできない状況になってしまうこともあるでしょう。

信用取引の流れとは?


信用取引の流れは、まず信用口座を開設するところから始まります。証券会社から信用してもらえるかどうかの審査を通過しなければなりません。そのために、投資経験の長さや投資資金額などの質問をされます。それに一つ一つ答えていくことになります。審査を無事通過することができると晴れて信用口座を開設することができます。
そして、信用口座を開設すると、今まで利用していた評価額の表示の欄が変更されています。変更された表示によって、信用取引における売買することができる信用余力などを知ることができます。実際に売買をする時は、現物と信用の方法のどちらかを選択することになります。信用を選択することによって、信用取引を利用することができるでしょう。